バーナンキ議長:安倍首相のリフレ政策を支持-デフレ脱却必要

米連邦準備制度理事会(FRB)のバ ーナンキ議長は、26日に行われた上院銀行委員会での証言で、安倍晋三 首相が掲げるリフレ政策を支持する考えを示した。同議長は10年前の FRB理事在職時に日本にデフレ脱却のための処方箋を示したことがあ る。

バーナンキ議長はこの日の証言で、「彼らはデフレを追い払う努力 をすべきだ。私はデフレ一掃を目指す彼らの取り組みを支持する」と発 言。日本銀行によるバランスシート拡大については、「現在の首相は十 分に行っているとは考えていないようだ」との認識を明らかにした。

同議長は、円相場のここ数カ月の下落に一部の国が懸念を表明して いることについて、日本の政策の主眼は、為替相場の押し下げではな く、金融緩和によるデフレ脱却にあると推定されるとした上で、「その 言葉遣いにかかわらず、日本が実際に特別な問題を引き起こすとは考え ていない」と語った。さらに成長のための支援を必要とする主要諸国が 需要を刺激する政策を取れば、「相互に有益」だと指摘した。

バーナンキ議長はまた、「国内目標の達成を目指す金融政策の採用 を通貨戦争への突入とはみていない。国内産業の利益のために輸入品に 関税を課すような近隣窮乏化政策とは異なる」と述べた。

同議長は、FRBの政策が国内経済の刺激を目標としており、「デ フレリスクを大いに低下させる効果があった」と評価。物価上昇ペース があまりに緩慢な場合は、「経済成長と安定が長引くデフレによって妨 げられる日本のような状況に陥る危険がある」と訴えた。

原題:Bernanke Backs Japan’s Anti-Deflation Effort as BOJ Pick Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE