プライスライン:10-12月利益、予想上回る-宿泊予約伸びる

時価総額で米最大のインターネット 旅行代理店、プライスライン・ドット・コムの昨年10-12月(第4四半 期)決算は利益が市場予想を上回った。欧州やアジアでホテルの利用者 が増加した。

同社の26日の発表資料によると、一部項目を除く利益は3億4900万 ドル(約320億円、1株当たり6.77ドル)。ブルームバーグがまとめた アナリストの予想平均は1株利益が6.53ドルだった。売上高は11億9000 万ドルで、前年同期の9億9080万ドルから20%増えた。

プライスラインとエクスペディアは、ウェブサイトを通じた予約が 出遅れている欧州とアジアで宿泊予約の獲得を競い合っている。

JPモルガン・チェースのアナリスト、ダグ・アンマス氏(ニュー ヨーク在勤)は21日付の調査リポートで、「エクスペディアの世界での ポジションは1年半から2年前よりもかなり向上し、業績にも安心させ られるが、それでもなお高い予約率と利益の伸びを考えると当行はプラ イスラインを選好する」と説明。プラスラインは「2013年に国際事業を 安定、あるいは再加速させる潜在的な力を備えている」とも指摘した。 投資判断については「オーバーウエイト」としている。

26日のニューヨーク株式市場でプライスラインの株価終値は前日比 1%高の678.49ドル。時間外取引では一時6%高の718.99ドルまで買わ れた。過去1年では15%値上がりしている。

原題:Priceline Profit Tops Estimates on Hotel Growth in Europe, Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE