ECBは「通貨戦争」に参戦するべきだ-仏生産再建相

欧州中央銀行(ECB)は新たな 「通貨戦争」に真正面から立ち向かいユーロ相場を押し下げるべきだ -。フランスのモントブール生産再建相が26日、このように発言した。

同相はパリでの記者会見で、欧州単一通貨のより積極的で「政治的 な」管理を呼び掛け、「ECBが自らの仕事をするよう望む」と言明し た。

「ユーロは強過ぎ、経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に 合致していない」とし、「自国通貨を弱くすることが政治の道具となっ ている新しい通貨戦争に立ち向かう準備をすべきだ」とECBに呼び掛 けた。

さらに、ユーロを「もっと政治化すべきだ」とし、ユーロ圏財務相 会合(ユーログループ)が望むユーロのドルや円に対する相場に基づい てECBが「相場を管理すべきだ」とも発言した。

原題:ECB Should Join ‘Currency War’ to Weaken Euro, Montebourg Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE