アジア・太平洋株式サマリー:規制強化の観測で香港・中国株安い

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数は年初からの上げを消した。中 国が金融政策を引き締め、不動産価格抑制のために追加措置を導入する との懸念が広がったほか、イタリア総選挙で欧州債務危機をめぐる懸念 が再燃した。

中国当局が金融政策を引き締める可能性があるとの新聞報道を受 け、時価総額で世界2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は2.4%下 落。中国農業銀行(1288 HK)も値下がりした。

不動産開発会社の世茂房地産(813 HK)は4.8%安。同業の恒大地 産集団(3333 HK)も下げた。政府が新たな不動産抑制案をまとめたと上 海証券報が伝えた。また、売り上げの79%を欧州で稼ぐ衣料品小売りの エスプリ・ホールディングス(330 HK)は1.4%下落した。

ハンセン指数は前日比300.39ポイント(1.3%)安の22519.69と、 昨年12月21日以来の安値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は 2%安の11104.10で引けた。

バリュー・インベストメント・プリンシパルズのサンディ・メータ 最高経営責任者(CEO)は「香港や中国当局は追加の不動産措置を講 じるだろう。景気刺激を続けたい一方で不動産や商品価格についても懸 念するという綱渡りのような状態だ」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が1カ月ぶりの安値となった。 政府が来週始まる全国人民代表大会(全人代、国会に相当)中に追加の 不動産抑制策を導入するとの観測が広がったほか、短期金利が2カ月ぶ りの大幅な上昇となった。

広州珠江実業(600684 CH)は4%安。広州市が住宅抑制策を発表 する計画だと上海証券報が報じた。江西銅業(600362 CH)やエン州煤 業(600188 CH)を中心に金属株や石炭株が値下がり。中国神華能源 (601088 CH)や中国アルミ(チャルコ、601600 CH)も下げた。

中国証券報が論説記事で、過剰流動性や不動産価格の上昇のため当 局が金融政策を引き締める可能性があると指摘した。中国人民銀行(中 央銀行)がオペ(公開市場操作)で資金吸収後、7日物レポ金利は2カ 月ぶりの大幅な上昇となった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比32.48ポイント(1.4%)安の2293.34と、 1月25日以来の安値で終了。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は同1.4%安の2567.59。

江海証券の徐聖鈞アナリスト(上海在勤)は「全人代を控えて不確 実性が強まっている」と指摘、「不動産市場に対するさらなる引き締め 措置が懸念されている」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス30種指数は3カ月ぶ り安値となった。今週発表される来年度予算案が注目されているほか、 イタリア総選挙結果を受けて欧州債務危機再燃の懸念も広がった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比316.55 ポイント(1.6%)安の19015.14。終値として昨年11月27日以来の安値 で引けた。

英高級車メーカー「ジャガーランドローバー」を傘下に置くタタ・ モーターズとインド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディ アは大幅安。世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリ ーズと国内で住宅金融最大手のハウジング・デベロップメント・ファイ ナンス(HDFC)はいずれも3%を超える下げとなった。

チダムバラム財務相は28日に公表する予算案で支出削減を強化する 可能性がある。政府が全体的に投資促進を図る中での物価上昇圧力に対 応する。イタリア総選挙で明確な多数派勢力が誕生しなかったことから 再選挙が必要となる可能性が浮上した。インド商工省によると、欧州連 合(EU)はインド最大の貿易パートナー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比52.20ポイント(1%)安の5003.57。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比9.51ポイント(0.5%)安の2000.01。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比66.78ポイント(0.8%)安の7880.90。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE