アベノミクスは世界の金融危機を深める恐れ-英銀HSBC

デフレ脱却を目指す安倍晋三首相の 政策は貿易をゆがめ他国の資産価格を押し上げ、世界の金融安定を脅か す恐れがあると、英銀HSBCホールディングスが指摘した。

ロンドン在勤のHSBCチーフエコノミスト、スティーブン・キン グ氏は26日の調査リポートで「日本が景気を急発進させようと取り組む 間、世界はどう対応すべきかをまだ見いだしていないようだ」とし、 「今後数年間の大きなリスクは経常赤字の急激な拡大、ホットマネー (短期的な投機資金)の流入、資本規制のまん延などだ」と分析した。

安倍首相の金融緩和・景気刺激拡大の方針を受けて円は過去3カ月 に10%余り下落。キング氏は「安倍氏の政策が円安を軸としたものであ るならば、輸出で日本と競合する国は攻撃対象とされることになる。最 も影響が大きいのはドイツや韓国、中国だろう」と記した。

さらに、「安倍氏の政策が最終的に奏功する可能性はあるが、代わ りに世界の金融不安定を助長し、その結果として経済国家主義の台頭に つながる公算も非常に大きい」と指摘した。

原題:Abenomics Risks Deepening Global Financial Turmoil, HSBC Says(抜粋)