ブラジル、インフレは年後半に鈍化へ-トンビニ中銀総裁

ブラジル中央銀行のトンビニ総裁 は25日、国内のインフレが今年後半に鈍化するとの見通しを示した。穀 物の生産量が増え、通貨レアルが昨年ほど下落しないためだと語った。

同総裁はニューヨークでのイベントで、「食料インフレは昨年ほど 好ましくない状況にはならないはずだ」と述べ、今年は穀物生産が14% 増えると予想され食品価格の抑制に寄与すると指摘した。

原題:Tombini Says Brazil Inflation to Slow on Food and Currency (1)(抜粋)