リオ・ティント、鉱山めぐりモンゴル政府と27日協議-関係者

世界2位の鉱山会社、英・オースト ラリア系リオ・ティントは、開発中の銅・金鉱山としては世界最大規模 のオユ・トルゴイ鉱山について27日にモンゴル政府との重要な会合に臨 む。事情に詳しい関係者2人によると、同鉱山の運営をめぐり、両者は 数週間にわたって対立している。

66億ドル(約6070億円)規模のオユ・トルゴイ鉱山プロジェクト向 けの資金は3日以内に底を突く見込み。税金未納との疑いや銀行口座の 凍結・解除をめぐる問題で同プロジェクトの将来に疑念が生じている。

モンゴル政府は、税金が未払いだとして首都ウランバートルのリオ の銀行口座の一部を凍結した。情報が公表されていないことを理由に関 係者が匿名で語った。これら口座は25日に凍結が解除され、関係者1人 によれば、これが関係改善に寄与する可能性もある。

モンゴルのエルベグドルジ大統領は今月、予算超過でリオを批判。 政府は同プロジェクトへの関与を強めるべきだと発言していた。オユ・ トルゴイ鉱山はフル稼働時にはモンゴル経済の3割を占めるとされる。

原題:Rio Tinto Said to Clash With Mongolia Ahead of Mine Finance Meet(抜粋)

--取材協力:Michael Kohn、Andrew Hobbs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE