鉄鉱石の海運レート、2倍に上昇か-中国の輸入増で

鉄鉱石の海運レートが4-6月(第 2四半期)に2倍に上昇する可能性がある。中国の港湾の鉄鉱石在庫が 3年ぶりの低水準に落ち込んだことを受け、鉄鋼メーカーが輸入を増や しているためだ。

ブルームバーグがアナリスト8人を対象に実施した調査の平均値で は、ケープサイズ船(積載量約16万トン)の1日当たりの収益は、現在 の5088ドルから4-6月に1万1250ドルに増加する見通し。これは船主 企業が採算を取れる水準を30%下回るものの、投資家は海上運賃先物契 約(FFA)の取引を通じて利益を得られる可能性がある。FFAで は8279ドルと予想されている。

ブルームバーグが集計したデータによれば、今年はオーストラリア が暴風雨に見舞われたほか、中国の取引業者が港湾で保有する鉄鉱石在 庫を2010年1月以来の低水準まで減らし、輸送量が抑制されていた。

原題:Capesize Rates Seen Doubling on China Iron-Ore Reserves: Freight(抜粋)

--取材協力:Laura Zelenko、Helen Yuan.