パナソニック:役員数も大幅に削減、27日に決議へ-関係者

パナソニックは27日の取締役会で、 役員数の大幅削減を決める見通しだ。津賀一宏社長の体制下で進めてい る大規模リストラの一環。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

同社のホームページによると昨年10月1日現在の取締役は16人で、 監査役は5人。これ以外の幹部である「役員」の数は30人。関係者の1 人によると、この役員の数をほぼ半減させる見通しという。同社広報担 当のジェームズ・ベル氏は、削減に関するコメントを避けている。

パナソニックは同10月に、リストラ加速の負担を織り込んで今期 (2013年3月期)純損益予想を7650億円の赤字に下方修正し、役員報酬 の一部返上や管理職の給与カットなども表明していた。同社は3月に、 事業部門の数を88から56に減らすことなどを盛り込んだ中期経営計画を 発表予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE