独ダイムラー:CEO報酬を5.8%削減-経営陣ボーナスも圧縮

世界3位の高級車メーカー、ドイツ のダイムラーは昨年、ディーター・ツェッチェ最高経営責任者 (CEO)の報酬を5.8%削減した。競合他社に販売で後れを取るダイ ムラーは幹部の賞与も減らした。

同社が25日発表した年次報告書によれば、同CEOへの2012年の報 酬は815万ユーロ(約9億8600万円)と、前年の865万ユーロから減少。 経営陣向けの年間ボーナス総額も28%圧縮した。

ダイムラーは13年の利益目標を昨年10月に撤回。ツェッチェCEO との契約は今月21日に3年間延長されたが、独業界では5年契約が一般 的で、独BMWのノルベルト・ライトホッファCEOの契約も5年とな っている。

ダイムラーが昨年の販売台数でBMWや独フォルクスワーゲンの 「アウディ」部門に押されたことから、ツェッチェCEO(59)は「メ ルセデス・ベンツ」部門のモデル刷新を迫られている。

原題:Daimler Cuts Zetsche’s Pay as Management Bonuses Are Reduced (3)(抜粋)

--取材協力:Christoph Rauwald.