NY金:反発、3週間ぶり大幅高-ロシア中銀などが買い増し

ニューヨーク金先物相場は反発。3 週間ぶりの大幅高となった。ロシアやカザフスタンの中央銀行が先月に 金準備を増やしたことが買い手掛かりとなった。

国際通貨基金(IMF)がウェブサイトに掲載したデータによる と、両国は1月に4カ月連続で金準備を拡大した。UBSのアナリス ト、ジョニ・テベス氏(ロンドン在勤)は25日のリポートで、先週の中 国による金買いは「目覚しかった」とし、それが継続しているとの見方 を示した。

TDセキュリティーズのバイスプレジデント、スティーブ・スカカ ロシ氏は電子メールで「中央銀行による購入が引き続き材料視されてお り、一定の支えになっている」と指摘。「下値では力強い中国の需要が あると聞いている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前営業日比0.9%高の1オンス=1586.60ドルで終了。中心限月で は先月30日以来の大幅上昇となった。

原題:Gold Futures Rise Most in Three Weeks on Central Bank Purchases(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE