伊総選挙:ベルサニ陣営が勝利か、国民は大衆迎合排す-調査

24、25日投票のイタリア総選挙で は、緊縮財政の維持を訴えて選挙戦を闘った元共産党のベルサニ氏が勝 利に向かっているもようだ。スカイTG24がテクネに委託した調査が示 した。

コメディアン出身のベッペ・グリッロ氏とベルルスコーニ前首相の 大衆迎合姿勢は受け入れられず、有権者が緊縮継続を選んだことが示さ れた安心感から、イタリア国債と株式相場は上昇した。危機さなか の2011年に退陣に追い込まれたベルルスコーニ政権後、モンティ首相が 断行してきた政策の踏襲が欧州債務危機の収束に不可欠だ。

モニュメント・セキュリティーズのストラテジスト、マーク・オス トワルト氏は「市場の反応は、ベルルスコーニ・テールリスクが去った 安心感からの大幅上昇を示している」と述べた。その上で「『ベルルス コーニ氏が選挙に勝ったり上院の過半数を取ったりしなくてよかった』 という安堵の吐息の後、では新政権が何をしてくれるのかという問い掛 けが始まるだろう」と話した。

ローマ時間午後3時41分現在、イタリア10年債利回りは25ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.19%。5カ月で最大の値上 がりとなっている。イタリア株の指標のFTSE・MIB指数はウニク レディトなど金融株を中心に上げ3.6%高。

下院で過半数確保か

ベルサニ氏を党首とする民主党を中心とした中道左派は630議席の 下院で過半数の340議席を獲得するもようだ。スカイTG24がこの日発 表した。上院では恐らく、少なくとも156議席を確保するもようで、21 議席を得るとみられるモンティ首相の陣営と協力すれば過半数確保の境 界である158議席をクリアできるという。調査の誤差率は2.5ポイント。

激戦州のロンバルディア(定数49)の結果によってはベルサニ陣営 は定数315の上院で最大169議席を得られる可能性もある。スカイ TG24・テクネの調査によれば、同州でのベルサニ氏とベルルスコーニ 氏の得票率はともに37%。上院では州での得票最多の党にその州の定数 の過半数が割り当てられる。

投票は午後3時に締め切られており、内務省は同日中に公式結果を 発表する見込み。

新首相が指名され新政権が誕生するには、1カ月かかる可能性があ る。新議会の初招集は3月15日で、まず上院、下院の議長を選出する。 次にナポリターノ大統領が首相を指名する。

ベルサニ陣営は2011年11月に発足したモンティ政権を支えてきた連 立パートナーの1つ。200億ユーロの緊縮策の成果で7.5%に近かった10 年債利回りは4.45%前後に下がったが、ベルルスコーニ氏は昨年12月に モンティ政権への支持継続を取りやめた。

ニューエッジ・グループの債券アナリスト、アナリサ・ピアッツァ 氏は電子メールで「ベルサニ氏の政策はモンティ氏が導入した改革・緊 縮計画と大きく異なるところはない」として、ベルサニ氏の勝利は「市 場に友好的なシナリオだ」と記している。

原題:Bersani Headed for Election Win Over Berlusconi, Poll Shows (1)(抜粋)