LIBOR不祥事:英銀行協会が運営責任の譲渡を決定

ロンドン銀行間取引金利( LIBOR)の不正操作に複数の金融機関が関与した不祥事を受け、英 国銀行協会(BBA)は同金利の運営責任を手放すことを特別総会で正 式決定した。

総会後に発表された文書によると、LIBORの運営責任は別の機 関に移管される。移管先は財務報告評議会(FRC)のサラ・ホッグ会 長が議長を務める委員会が選択する。

英規制当局は昨年9月、BBAからLIBORの運営責任を取り上 げるべきだとの見解を示していた。金利不正操作をめぐり、バークレイ ズとUBS、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ( RBS)が英米の規制当局から25億ドル(約2350億円)以上の制裁金を 科せられたほか、10数行以上が引き続き捜査を受けている。LIBOR は300兆ドル強の証券の指標として利用されている。

原題:BBA Members Vote Formally to Relinquish Operation of Libor (抜粋)