ロンドン外為:ポンド、対ユーロで16カ月ぶり安値-格下げで

25日午前のロンドン外国為替市場で は、ポンドが対ユーロでほぼ1年4カ月ぶり安値を付けた。ムーディー ズ・インベスターズ・サービスが英国の弱い景気見通しを理由に、同国 の格付けを最上級「Aaa」から22日に引き下げたことが手掛かり。

同格付けは最上級から1段階低い「Aa1」となった。ポンドは一 時、対ドルでは2010年7月以来の安値まで売り込まれた。年初来で は6.8%下げている。27日発表の2012年10-12月(第4四半期)国内総 生産(GDP)改定値で、アナリストらは速報と同じ前期比0.3%減少 を見込んでいる。

ロンドン時間午前11時27分(日本時間午後8時27分)現在、ポンド の対ユーロ相場は前週末比0.7%安の1ユーロ=87.59ペンス。一時 は87.75ペンスと、11年10月31日以来のポンド安・ユーロ高水準となっ た。ドルに対しては1ポンド=1.5149ドルで、ほぼ変わらず。10年7月 以来の安値となる1.5073ドルまで下げる場面もあった。

原題:Pound Falls to 16-Month Low Versus Euro After Moody’s Downgrade(抜粋)

--取材協力:Fergal O’Brien.