香港株(終了):3日ぶり反発、保険株高い-不動産株は下落

香港株式相場は上昇。保険株が上 げ、ハンセン指数は3営業日ぶりに値上がりした。香港当局が一部の不 動産販売にかかる税金を2倍に引き上げたことや、経済統計で中国の製 造業活動の拡大ペースが4カ月ぶりの低水準に鈍化する可能性が示され たことで、上げは限定的となった。

アジア3位の生命保険会社AIAグループ(1299 HK)は1.1%高。 同社が今週発表する通期決算では68%増益が見込まれている。宝飾品販 売の六福集団(国際、590 HK)も高い。春節(旧正月)連休中の香港と マカオでの売上高が増加したと発表した。

香港最大の不動産開発会社サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基 地産発展、16 HK)は1.3%安。同業のヘンダーソン・ランド・デベロッ プメント(恒基兆業地産、12 HK)や嘉里建設(ケリー・プロパティー ズ、683 HK)も下げた。週末の香港住宅販売が減少したことが嫌気され た。

ハンセン指数は前週末比37.64ポイント(0.2%)高の22820.08で終 了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%高の11333.98。

マニュライフ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャ ー、マルコ・リ氏(香港在勤)は「大半の投資家の間ではマクロ経済の 見通しに対して以前より少し安心感が増している」と指摘。「企業のフ ァンダメンタルズは依然としてかなり良好なように見える。香港の決算 発表シーズンが進む中、それらのファンダメンタルズが最後まで続くか 見極めることになるだろう」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Gain as Insurance Shares Climb; Developers Drop(抜粋)