中国のハッカー、EADSとティッセンクルップ攻撃

欧州の防衛関連企業EADSとドイ ツの鉄鋼最大手ティッセンクルップは昨年、中国のハッカーから攻撃を 受けた。両社が明らかにした。

EADSは中国の「並外れたものではない普通の攻撃」があったと ドイツ連邦政府に報告した。広報担当のライナー・オーラー氏が24日、 電話取材で明らかにした。被害については言及しなかった。

ティッセンクルップも24日電子メールで発表した資料で、中国から 米国にハッカー攻撃があったことを認めた。ただ情報などの流出は見当 たらなかったという。

米コンピューターセキュリティー会社マンディアントの19日のリポ ートによると、2006年以降に世界で少なくとも141社を攻撃したハッカ ー集団の背後に中国軍がいる可能性がある。中国の国営通信はこうした 指摘はずさんで根拠が不足していると伝えている。

EADSとティッセンクルップへの攻撃については、独誌シュピー ゲルが24日、先に報じた。

原題:Chinese Hackers Attacked EADS, ThyssenKrupp With No Major Damage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE