タルーロFRB理事:大手銀行に債務リスク、対応強化を

米連邦準備制度理事会(FRB)の タルーロ理事は、大手銀行は非預金債務の取り付け騒ぎのリスクにさら されており、規制当局はこうしたリスクの抑制への取り組みを強化する 必要があるとの見解を示した。

タルーロ理事は22日、ニューヨークでのシンポジウムで、「こうし た脆弱(ぜいじゃく)性は、慎重に監督されている大手銀行、すなわち 大き過ぎてつぶせない銀行と、より広い金融システムの双方に関与す る」と発言。「金融機関のバランスシートの負債はこれまで改革政策で ほとんど問題にされていなかった」と指摘した。

原題:Tarullo Sees Remaining Contagion Risk in Bank Liabilities (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE