2月22日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ユーロが一時対ドルで6週間ぶり安値

22日のニューヨーク外為市場ではユーロが一時対ドルで6週間ぶり 安値に下げた。欧州中央銀行(ECB)が実施した3年物オペ (LTRO)によってユーロ圏の市中銀行が借り入れた資金のうち、返 済する金額が市場予想の半分程度にとどまった。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会の予測によると、ユ ーロ圏経済は今年、前年に続くマイナス成長。これを手掛かりにユーロ は対円での上げを縮小した。安倍晋三首相とオバマ米大統領は22日に会 談。日米首脳会談後、両首脳はいずれも円について言及しなかった。こ れを受けて円は下落した。

シティグループのグレッグ・アンダーソン氏は「市場では信頼感と 地合いに左右された取引が続いている。LTROのニュースは思ったほ どテールリスクが縮小していないことを示唆している」と述べ、「今週 の動きはユーロに対するロングポジションが一気に解消されたものだ」 と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルでほぼ変わらず1 ユーロ=1.3194ドル。一時は1月10日以来の安値となる1.3145ドルをつ けた。ユーロは週間ベースでは1.2%安。ユーロは対円で0.3%上昇して 1ユーロ=123円22銭。円は対ドルで0.3%安の1ドル=93円42銭。

ユーロの見通し

クレディ・スイス・グループのテクニカルアナリスト、シリン・ベ イン氏(ロンドン在勤)は、ユーロが対ドルで1.3151ドルの支持線を下 回った場合、1月4日につけた年初来安値の1.2998ドルまで下げる可能 性があると指摘した。

ECBが22日発表したところによると、ユーロ圏の市中銀行は来 週、ECBの2回目の3年物オペで借り入れた資金のうち611億ユーロ を返済する。銀行356行ほどが27日に2回目のLTRO資金の一部を繰 り上げ返済するという。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ スト予想の中央値は1225億ユーロだった。これがユーロの売り材料とな った。

欧州委は13年ユーロ圏成長率をマイナス0.3%と予想。昨年11月時 点の予想(プラス0.1%)から引き下げた。

円が12%下落

ドイツのIfo経済研究所がまとめた2月の独企業景況感指数 は107.4と、1月の104.3(改定)を上回り、4カ月連続で上昇した。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値は104.9 だった。この統計発表後、ユーロは上昇した場面もあった。

BNPパリバの為替ストラテジスト、キラン・コウシク氏(ロンド ン在勤)は、「金融市場では過去数か月間、地合いが一段と明るくなっ ており、Ifoが発表した統計内容は驚くものではない」と述べた。

安倍首相とオバマ米大統領は22日、ホワイトハウスで会談した。今 月15-16日のモスクワで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中銀総 裁会議では、日本があからさまな円安誘導をやめる限り、安倍政権が景 気刺激策を継続していくことを支持するメッセージを伝えた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円は過去3カ月間で12%下落。ドルは0.6%上昇、ユーロ は3.3%上げている。

原題:Euro Touches One-Month Low as ECB Bank Repayments Miss Forecast(抜粋)

◎米国株:反発、ドイツ企業景況感の改善や企業決算を好感

米株式相場は反発。ドイツの企業景況感指数が10カ月ぶり高水準 に改善したことや、企業決算が市場予想を上回ったことを好感した。

ヒューレット・パッカード(HP)は12%急伸し、S&P500種株 価指数構成銘柄の値上り率トップ。同社が示した利益見通しはアナリス ト予想を上回った。アメリカン・インターナショナル・グループ (AIG)は3.1%上昇。昨年10-12月(第4四半期)の業績が予想よ り良かったことを背景に買い進まれた。テキサス・インスツルメンツ (TI)は5.2%高。配当引き上げと自社株買いの50億ドル増額を発表 した。

S&P500種株価指数は前日比0.9%高の1515.60。米金融当局が景 気刺激のペースを減速する可能性があるとの懸念を背景に、同指数は前 日までの2日間に1.9%下落していた。ダウ工業株30種平均は119.95ド ル(0.9%)高の14000.57ドル。

リー・マンダー・キャピタル・グループ(ボストン)の最高投資責 任者(CIO)、ジェフリー・デービス氏は「全体としての基調は活力 にあふれるという感じではないが、きょうは実際に反発しており、株式 市場に本物の強さがあることを物語っている」と指摘。「一週間続いた 芳しくないニュースを消化して、最後に上昇するというような相場は久 しく見ていない」と述べた。

ドイツのIfo経済研究所がまとめた2月の独企業景況感指数 は107.4と、1月の104.3(改定)を上回り、4カ月連続で上昇した。上 昇の幅は2010年7月以来の最大。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト38人の予想中央値は104.9だった。

週間では下落

S&P500種は年初から6.3%上昇している。ブルームバーグのデー タによると、昨年10-12月期決算を発表した同株価指数の構成銘柄中、 約73%の利益が市場予想を上回った。売上高が予想より好調だったの は64%となっている。

S&P500種は週間ベースでは0.3%安と、週間では今年に入って初 の下げとなった。20日公表された連邦公開市場委員会(FOMC、1 月29-30日開催)の議事録で資産購入ペースについて参加者の見解が割 れたことが示されたことから、緩和措置が縮小されるとの懸念が強まっ た。

ハイタワー・アドバイザーズのマネジングディレクター、ブライア ン・アミデイ氏は「多くの市場参加者が押し目買いのタイミングを見計 らっていた」と指摘。「第4四半期の決算が相場上昇のきっかけになっ た。今年は堅調な一年となるだろうが、今見られるような荒い値動きが 時おりあるだろう」と話した。

決算が予想上回る

HPは2.10ドル上昇の19.20ドルと、2008年11月以来の大幅高。同 社が示した2013年2-4月(第2四半期)の利益見通しはアナリストの 予想を上回った。コスト削減策や企業向けサービスの需要回復が寄与し ているという。

TIは1.7ドル値上りして34.18ドル。同社は四半期配当を33%引き 上げるとともに、自社株買いを50億ドル増額すると発表した。

AIGは1.17ドル高の38.45ドル。第4四半期決算は営業利益を計 上し、アナリスト予想を上回った。ロバート・ベンモシュ最高経営責任 者(CEO)は、事業のスリム化と公的資金の返済を目指し、米国外の 生命保険部門などを売却を進めてきた。

原題:U.S. Stocks Rebound on German Business Confidence, Earnings Data(抜粋)

◎米国債:10年債は約1週間ぶり低利回り、当局の購入期待で

米国債市場では10年債利回りがほぼ1週間ぶりの低水準で推移。 金融当局による債券購入で価格が支えられるとの観測が広がった。

10年債相場は3日続伸となった。20日公表された連邦公開市場委員 会(FOMC、1月29-30日開催)の議事録によれば、毎月850億ドル という資産購入のペース変更、停止あるいは継続について参加者の見解 が割れた。プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)による 米国債の借り入れ規模は前日に、約1年で最大となった。市場ではプラ イマリーディーラーが国債価格の下落予想に基づくポジションを手じま おうとしているとの観測が広がっている。この日はまた、欧州委員会が 今年のユーロ圏経済は前年に続いてマイナス成長となると予想したこと で、米国債への逃避需要が見られた。

エドワード・ジョーンズの債券ストラテジスト、トム・カースティ ング氏は「利回りには下押し圧力がかかっている」とし、FOMC声明 が「恐らく米国債相場の主な材料になっているのだろう」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の1.96%。同年債(表面利率2%、2023年2月償還) 価格は1/8上げて100 11/32。利回りは前日、12日以来の水準に低下し た。

金融当局のプログラム

ニューヨーク連銀はこの日、2037年2月から42年8月に償還を迎え る米国債14億ドル相当を買い入れた。

金融当局のプログラムにおける中長期債の貸し出し規模は215 億7000万ドルと、20日の水準を10%上回り、2012年3月以降では最大と なった。ニューヨーク連銀のウェブサイトによれば、米国債全体での貸 し出し規模は222億8000万ドルに増え、こちらも3月以来で最大。

米国債相場は20日、同日公表されたFOMC議事録を受けて上昇し ていた。1月3日に公表された昨年12月会合の議事録を受けて、当局が 刺激策を予想より早く縮小するとの観測が広がって以降、米国債の下げ を見込んだショートポジションが膨らんでいた。

ED&Fマン・キャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の債券取 引部門シニア・バイス・プレジデント、マイケル・フランゼーズ氏は 「投機の動きが若干見られる。金融当局がどちらに向かうのか彼らは分 からないようだ」と続けた。

FRB

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は米財務省で今月 開かれた大手行などとの会合で、FRBの金融緩和政策が資産バブルを 引き起こしているとの懸念の最少化に努めた。同会合でのFRB議長の 発言に詳しい関係者3人が明らかにした。関係者が匿名で語ったところ によると、議長は今月上旬の米国債発行諮問委員会で発言した。

それによれば、指摘された懸念は農地の値上がりや住宅ローン証券 に投資する不動産投資信託(REIT)などだという。また関係者2人 によれば、投資不適格級の債券の利回り低下も潜在的なリスクに挙げら れた。

金融当局は過去最高となる2兆7500億ドル相当の米国債および住宅 ローン担保証券を保有している。

原題:U.S. 10-Year Yields Fall to Almost 1-Week Low With Fed Support(抜粋)

◎NY金:7カ月ぶり安値、景気懸念の緩和で逃避が後退

ニューヨーク金先物相場は下落。7カ月ぶりの安値となった。景 気に対する楽観が強まったことから、金に逃避する動きが後退した。

ドイツのIfo経済研究所がまとめた2月の独企業景況感指数は上 昇し、10カ月ぶり高水準に達した。米金融当局が緩和措置を徐々に縮小 するとの観測を背景に、金は週間ベースで3週連続の下落。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビ ューで、「米国で量的緩和プログラムの終了が取りざたされているとい う事実は、経済が相対的に良好なことを示している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.4%安の1オンス=1572.80ドルで終了。終値では昨年7 月18日以来の安値となった。週間では2.3%値下がり。

原題:Gold Futures Slump to Seven-Month Low as Economic Concerns Ease(抜粋)

◎NY原油:反発、独景況感の改善を好感-週間では下落

ニューヨーク原油先物相場は反発。ドイツ企業景況感の改善を受け て、買いが優勢となった。週間ベースでは下げ、昨年12月以来の大幅 下落。

ドイツのIfo経済研究所がまとめた2月の独企業景況感指数は上 昇し、10カ月ぶり高水準に達した。経済規模で欧州最大の同国経済が回 復しつつある兆候が強まった。この統計を受けて株価も上昇した。原油 は前日までの2日間でバレル当たり4.26ドル下げていた。特に前日はエ ネルギー省が発表した在庫統計で、先週の原油在庫が414万バレル増加 したことが嫌気され、原油先物は大きく下落した。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の アナリスト兼ブローカー、ジーン・マクギリアン氏は「ここ最近の売り 浴びせを受けて、市場では景気に焦点を戻しつつある」と指摘。「ドイ ツの企業景況感は予想よりも堅調で、この日の原油相場を支えた。今 後、最新の経済ニュースに反応し、一進一退となるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比29セント(0.31%)高の1バレル=93.13ドルで終了。

原題:Oil Rises on German Business Confidence, Paring Weekly Drop(抜粋)

◎欧州株:7週ぶり大幅高、ドイツ企業景況感で-エラン高い

22日の欧州株式相場は7週間ぶりの大幅高。2月のドイツ企業景 況感が10カ月ぶり高水準に達したためで、指標のストックス欧州600 指数は週間ベースでは今月に入って初のプラスとなった。

アイルランドの製薬会社エランは4.2%上昇。自社株買い計画が好 感された。フランスの自動車部品メーカー、ヴァレオは利益が予想を上 回り、11カ月ぶり高値を付けた。独自動車メーカーのフォルクスワーゲ ン(VW)は2011年10月以降で最もきつい下げ。今年の営業利益見通し がアナリスト予想を下回った。

ストックス欧州600指数は前日比1.3%高の288.57で終了。前週末比 では0.4%上げ、年初来の上昇率は3.2%となった。

メリテン・インベストメント・マネジメント(デュッセルドルフ) の欧州株アセットマネジャー、トビアス・ブリティッシュ氏は電話で、 「ドイツは欧州のけん引役だ」と発言。「イタリア総選挙や米連邦準備 制度が資産購入を停止する可能性を理由に投資家が一段と神経質になっ た前日の後、そこからの引き戻し材料は間違いなく買いの好機を与え る」と述べた。

ドイツのIfo経済研究所が22日発表した独企業景況感指数 は107.4と、1月の104.3(改定)を上回った。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト38人の予想中央値は104.9だった。

ブルームバーグのまとめたデータによると、この日の指数構成銘柄 の売買高は30日平均を17%下回る水準だった。

22日の西欧市場ではアイスランドを除く17カ国で主要株価指数が上 昇した。

原題:European Stocks Post Biggest Gain in Seven Weeks on German Data(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、ECBへの銀行返済額が予想下回る

22日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、2年債利回りは5週 間ぶり低水準を付けた。ユーロ圏の市中銀行が欧州中央銀行(ECB) に返済する緊急融資が市場予想の半分程度となることから、銀行間融資 が低調から回復していない兆候が示された。

オーストリアとオランダの2年債相場も上昇した。ECBの22日発 表によると、銀行356行は来週、ECBの2回目の3年物オペ (LTRO)で借り入れた資金のうち611億ユーロを返済する。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は1225億ユー ロだった。イタリアとスペイン国債も堅調。ドイツのIfo経済研究所 が発表した2月の独企業景況感指数は上昇し、10カ月ぶり高水準に達し たことが手掛かり。イタリア2年債は6日ぶりの上昇。

ドイツ銀行の欧州金利戦略責任者、モヒト・クマール氏(ロンドン 在勤)はECBへの返済額について、「市場予想を下回り、これがドイ ツ国債の上昇につながった」と指摘。「金融システムの過剰流動性が増 えており、金融政策は緩和的で、中核国の国債利回りは低水準にとどま ることを示した」と続けた。

ロンドン時間午後4時33分現在、ドイツ2年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.12%。これは1月17 日以来の低水準。同国債(表面利率0.25%、2015年3月償還)価格はこ の日、0.095上げ100.26となった。10年債利回りはほぼ変わらず の1.57%。一時は1.60%まで上げた。

オーストリア2年債利回りは4bp下げ0.15%、同年限のオランダ 債利回りは6bp低下し0.21%。

Ifo経済研が発表した独企業景況感指数は107.4と、4カ月連続 で上昇し、昨年4月以来の高水準に達した。ユーロ圏危機が和らぎつつ あるとの見方が広がった。

イタリア10年債利回りは5bp低下の4.45%、スペイン10年債利回 りも5bp下げて5.15%となった。

英国債相場は前日からほぼ変わらず。10年債利回りは1bp上昇 の2.11%。一時は4bp上げた。前週末比では8bp低下し、週間ベー スでは昨年11月9日終了週以降で最大の下げとなった。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、0.08下げ96.90。

原題:German Notes Gain as Banks Pay Back Fewer Loans Than Forecast(抜粋) Pound Drops a Second Week as BOE’s Miles Calls for More Stimulus (抜粋)

原題:Spanish, Italian Bonds Poised for Weekly Gains as Bunds Decline (抜粋) Pound Has Steepest Weekly Drop Since June as Retail Sales Slide (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE