ブラジル株(22日):ボベスパは反発、9カ月ぶり長期下落後

22日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が反発した。前日までは9カ月ぶりの長期下落となって いた。世界経済が改善に向かうとの楽観的な見方が広がり、製紙会社ス ザーノ・パペル・エ・セルローゼを中心に輸出関連株が買われた。

鶏肉輸出会社のブラジル・フーズ(BRF)は取締役会がアビリ オ・ディニズ氏を会長に指名したことが好感され上昇。製紙会社クラビ ンは昨年10-12月(第4四半期)利益が市場予想を上回ったことを受 け、1カ月ぶり安値から反発した。

ボベスパ指数は8営業日ぶりに反発。前日比1%高の56697.06で終 了した。

原題:Bovespa Snaps Longest Slump in Nine Months as Suzano, BRF Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE