香港株:続落-米刺激策の縮小や中国の不動産規制を懸念

香港株式相場は続落。米国が刺激策 を縮小する可能性があるとの懸念に加え、中国の新築住宅価格が上昇し たことで追加的な不動産規制が導入されるとの見方が強まった。ハンセ ン指数は週間ベースで約3カ月ぶりの大幅な下げとなった。

中国工商銀行(1398 HK)は1.1%安。売り上げの約半分を米国で稼 ぐ家具メーカーの敏華(マンワー、1999 HK)は2.7%安。ナイキやアデ ィダスの靴を受託生産する裕元工業(集団、551 HK)は2.6%安。

婦人靴製造・販売の百麗国際(1880 HK)は5.4%の下げ。野村ホー ルディングスなどのアナリストが投資判断を引き下げた。中国国際航空 (753 HK)も5%安。バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチ が投資判断を「買い」から「アンダーパフォーム」に下げた。

ハンセン指数は前日比124.23ポイント(0.5%)安の22782.44。1 月30日に付けた1年半ぶりの高値から4.4%下げた。ハンセン中国企業 株(H株)指数は前日比1%安の11317.13。

ベアリング・アセット・マネジメントのアジア担当マルチアセット 戦略責任者キエム・ドゥ氏(香港在勤)は「市場は買われ過ぎの状態だ ったため、投資家は中国と米国で政策引き締めがあるかもしれないとい う話を利益確定売りに利用している」と指摘した。

原題:Hong Kong Stocks Cap Worst Week Since November on China Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE