【M&A潮流】LVMH、バーバリーやティファニーに関心も

世界最大の高級品メーカー、フラン スのLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンは、ハンドバック販売が けん引してきた売上高の伸びが4年ぶりの低水準になりそうなことか ら、企業買収に乗り出しそうだ。

時価総額870億ドル(約8兆1000億円)のLVMHは「ルイ・ヴィ トン」ブランドのイメージ強化を進める一方、英最大の高級品メーカ ー、バーバリー・グループの買収を目指す可能性があると、ベレンバー グ銀行はみている。キャンター・フィッツジェラルドによれば、イタリ アの宝飾品メーカー、ブルガリを2011年に買収したLVMHだが、今度 は時価総額81億ドルの米ティファニーに買収案を示す可能性もある。

ベレンバーグ銀のロンドン在勤アナリスト、ジョン・ガイ氏は電話 インタビューで、ベルナール・アルノー最高経営責任者(CEO)は 「成長を買う必要がある。ヴィトンの見直しに時間を買う必要もあるだ ろう」と述べた。同CEOは買収を通じLVMHを世界一のブランド品 メーカーすることに寄与してきた。

新たな有名ブランド獲得はLVMHに「フェンディ」や「セリー ヌ」といった比較的小さなブランドへの依存度を低め、ルイ・ヴィトン の価値を高め、他のファッションブランドを展開するための時間稼ぎを 可能とする。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、LVMHの売上高は今 年7.3%増と、09年以来で最低の年間増収率と見込まれている。 LVMHはイメージとブランド価値を高めるためルイ・ヴィトン事業の 拡大を鈍らせている。

LVMHが買収を目指しているか、あるいは検討しているかについ てコメントを求めるため、広報担当者に電話取材を試み、電子メールを 送付したが回答は得られていない。

原題:Burberry to Tiffany Seen Attracting LVMH as Sales Slow: Real M&A(抜粋)

--取材協力:Cotten Timberlake、Tara Lachapelle.