ブラジル財務相:レアルは安定、追加措置は必要ない

ブラジルのマンテガ財務相は21日、 為替市場に介入するための追加措置を講じる必要はないとの認識を示し た。

マンテガ財務相はブラジルのインフラ計画に関する電話会議で、 「しばらくの間、1ドル=2レアル近辺で安定しており、レアルは最も 変動が小さい通貨の一つだ」と指摘。「このため、為替レートを自由に 変動させる以外に必要な措置はない」と述べた。

レアルの今年これまでの上昇率は4%と、ブルームバーグが追跡す る主要通貨で最も大きい。ルセフ政権が国内産業を保護する措置を取っ たことで昨年は9%下落した。マンテガ財務相は今月15日のモスクワで のインタビューで、レアルの行き過ぎた上昇を容認しないと言明してい た。

原題:Mantega Says There’s No Need for Measures to Adjust Currency (1)(抜粋)