豪中銀総裁:多くの金融刺激策が進行中-議会で証言

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)のスティーブンス総裁は、過去1年4カ月で実施した合計1.75ポイ ントの利下げは「影響を及ぼしている」と述べた。トレーダーらの追加 利下げ観測が後退したことで、豪ドルは上昇した。

スティーブンス総裁は22日の豪議会委員会での半期に一度の証言 で、「全体的に多くの金融刺激策が進行している」と指摘。豪中銀は今 月の会合で、金融刺激策が「効果を発揮する時間を与えることが賢明だ と判断した」と述べた。

同総裁は、持続的な通貨高が、政策金利設定において「関連のある 要因」だと指摘。「政策金利は特に為替レートの反応を目指しているわ けではないが、為替レートの経済への影響を認識した上で設定されてい る」と述べた。

豪中銀は今月、成長とインフレの見通しを引き下げ、今年に鉱業投 資の頭打ちが予想される中、需要を支える意向を示した。豪中銀は昨 年12月、住宅建設などの産業のてこ入れを目指し、政策金利を約50年ぶ り低水準の3%に引き下げた。

スティーブンス総裁は、「経済は鉱山ブームの頭打ちに適応し、他 の幾つかの需要分野は近年より急速に成長する余地ができることが見込 まれる」と述べた。

豪ドルは3営業日ぶりに上昇。シドニー時間午前10時1分(日本時 間午前8時1分)現在、豪ドル相場は1豪ドル=1.0286米ドル。一時 は0.6%高の1.0308米ドルを付けていた。前日のニューヨーク市場で は1.0245米ドルだった。

原題:RBA’s Stevens Sees ‘Good Deal’ of Rate Stimulus in Pipeline(抜粋)