イタリア:13年成長率はマイナス1%、失業率上昇へ-欧州委

イタリア経済は2013年もマイナス成 長となり、失業率は14年に12%に達すると、欧州連合(EU)の行政執 行機関、欧州委員会が予想した。

欧州委が22日発表した経済見通しによると、01年以来で4回目のリ セッション(景気後退)にあるイタリアの13年成長率はマイナス1%と なる見込み。欧州委の見積もりで12年はマイナス2.2%成長。昨年11月 時点の13年予想はマイナス0.5%だった。14年はプラス0.8%と見込まれ ている。

失業率は昨年の10.6%から今年11.6%に上昇し、来年12%のピーク に達する見込み。

景気後退の大きな要因は財政赤字削減のための緊縮財政だ。成長回 復に向けてどの程度これを緩和するかが24、25日の総選挙の争点となっ ている。

原題:Italian Recession Will Drive Jobless Rate to 12%, EU Forecasts(抜粋)