米テスラCEO、今年の「モデルS」の生産25%拡大を計画

電気自動車(EV)メーカー、米テ スラ・モーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、セ ダン「モデルS」の生産を今年に少なくとも25%拡大する計画だ。昨年 は生産立ち上げの障害がコストを押し上げたことで、利益が打撃を受け ていた。

同社の昨年10-12月(第4四半期)決算がアナリスト予想を超える 赤字を記録したことで、同社株は約5カ月ぶりの大幅安となった。

マスクCEOは20日の電話インタビューで、テスラのカリフォルニ ア州フリーモント工場のモデルSの生産は2013年半ばに週500台と、昨 年12月の同400台から増加する公算が大きいとの見通しを示した。同社 が昨年直面した長時間の残業問題や部品出荷の遅れを緩和してから増産 に取り掛かると述べた。

マスクCEOは「安定した生産ペースを維持し、効率を重視した い」と語った。フリーモント工場の生産は需要があれば年末にかけて 週500台以上に増加する可能性があると述べた。

原題:Tesla’s Musk Predicts 25% Model S Output Gain After Snag (3)(抜粋)