ウォルマート株が上昇、一時4カ月ぶり大幅高-決算や増配で

21日の米株式市場で小売り最大手、 米ウォルマート・ストアーズの株価が上昇。一時4カ月ぶりの大幅高と なった。増税が今年の業績に悪影響を及ぼすとの懸念があったが、昨 年11月-13年1月(第4四半期)決算では利益がアナリスト予想を上回 ったほか、配当を引き上げたことが買い材料となった。

ニューヨーク時間午後2時36分現在、同社の株価は2.2%高の70.73 ドル。一時は3%高と、日中としては昨年10月10日以来の値上がり率と なった。

昨年末に減税措置が失効したのに伴い、社会保障年金基金に充当さ れる給与税の税率が2ポイント上昇した。ブルームバーグが入手したウ ォルマート幹部の電子メールによれば、増税が顧客に影響を与えている が同社の市場シェアは拡大しつつある。同社は年間配当を18%引き上げ て1株あたり1.88ドルにすると発表した。

21日の発表によると、第4四半期決算は、純利益が56億1000万ドル (約5220億円、1株当たり1.67ドル)と、前年同期の51億6000万ドル (同1.50ドル)から増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の 調査では、1株利益の予想平均は1.57ドルだった。昨年のフリーキャッ シュフローは19%増加して127億ドルだった。

2-4月(第1四半期)利益見通しは、1株利益は1.11-1.16ドル が見込まれている。ブルームバーグがまとめたアナリスト18人の予想平 均値(1.19ドル)を下回った。

2014年1月期の通期利益については、1株当たり5.20-5.40ドルと の見通しを示した。ブルームバーグがまとめたアナリスト25人の予想平 均は5.39ドル。

朝方の取引で同社の株価は下げ、一時1.1%安まで売り込まれる場 面もあった。

原題:Wal-Mart Rises as Dividend Boost Helps Ease Concern on Forecast(抜粋)