麻生財務相:輸入価格の急激な上昇続けば日本経済にとって問題

麻生太郎財務相は21日午後の参院予 算委員会で、1月の貿易収支が燃料価格の高止まりに加え、円安が輸入 額を押し上げたことから過去最大の赤字となったことを受け、「輸入価 格が急激に上昇する状況がこのまま続けば、日本にとって大きな問題を 抱えることになる」との認識を示した。

財務相は、東日本大震災後のエネルギー供給源の変化について「原 子力によって安くなっていたが、石油やガスに変わり、輸入価格が急激 に上昇し、貿易収支が大赤字になっている」と懸念を示した。

財務省が20日発表した貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出 額は前年同月比6.4%増と8カ月ぶりにプラスに転じたが、輸入額は 同7.3%増と伸び率が輸出を上回った。これによって貿易収支は過去最 大の1兆6294億円の赤字を記録した。1月の為替レート平均値は1ドル =86.93円と同12.4%の円安だった。