中国:1月の景気先行指数、伸び加速-回復の勢い持続を示唆

中国の1月の景気先行指数は伸び率 が前月を上回った。同国の成長回復が勢いを持続していることを示唆し ている。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが21日発表した1月の中国 景気先行指数(速報値)は前月比1%上昇し、253.4となった。昨年12 月は0.4%上昇、11月は1.1%上昇だった。

1月の中国輸出が予想を上回る伸びになるなど、今回の統計でも同 国の経済成長が4-6月(第2四半期)に向けて勢いを増す可能性があ らためて示された。中国人民銀行(中央銀行)は6日に発表したリポー トで、同国の成長の勢いは「比較的力強い」と指摘した。

コンファレンス・ボードのエコノミスト、アンドルー・ポーク氏 (北京在勤)は発表資料で、景気先行指数の持ち直しは「消費者の期待 や不動産取引が主因だ。両方とも春節(旧正月)のプラスの影響を受け た公算が大きい」と説明、「現在の経済活動の回復は緩やかに続きそう だ」との見方を示した。

原題:China Leading Index Rises at Faster Pace, Conference Board Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE