中国:地方当局に不動産投機抑制を指示-住宅購入制限求める

中国の温家宝首相は地方当局に「断 固」として不動産投機を抑え、不動産市場を落ち着かせる措置を講じる よう求めた。1月の住宅価格は2年ぶりの大きな伸びを示している。

中国政府は温首相が主宰した国務院常務会議後に声明を発表し、 「過度に速い」ペースの不動産値上がりとなっている各都市が住宅購入 制限を実施していなければ、速やかに導入する必要があると表明。声明 によれば、省都や直轄市は新築住宅のコストを「基本的に安定した」水 準に維持するための年間価格抑制目標を公表する必要がある。

中国株式市場では19日、不動産銘柄が6カ月余りで最大の下げを記 録。住宅相場回復を受け、政府が新らな規制を打ち出すとの懸念が高ま った。CEBMグループは、政府の声明には新たな措置が盛り込まれて おらず、住宅価格上昇を反転させることはできないため、市場が見込ん でいたより弱いものだったと指摘した。

CEBMの上海在勤アナリスト、ルオ・ユィ氏は20日の電子メール で、「短期的な需給逼迫(ひっぱく)や供給が変わらない中で2軒目購 入の住宅ローンの停止や中古住宅取引税の引き上げなどの強力な政策が なければ、住宅価格上昇のトレンドを変えることはほとんどできないだ ろう」とコメントした。

中国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房のデータによれば、 1月の住宅価格は前月比1%上昇と、2011年1月以来の大きな値上がり となった。

政府は20日の声明で、中国の都市化が進み大都市での住宅供給は厳 しい状況が続くことから、不動産抑制策の「継続性と安定性」を維持す る必要があると説明。住宅購入制限をすでに課している都市にはそうし た措置の向上を呼び掛けた。不動産税の試験的プログラムを拡大すると しているものの、詳細は示されなかった。

原題:China Orders More Cities to Limit Home Purchases as Prices Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE