NY原油先物時間外:続落-API在庫の増加を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は21日の 時間外取引で続落。前日の通常取引は過去3カ月で最大の下落だった。 米石油協会(API)が発表した先週の原油在庫は過去7週間で6回目 の増加となった。

前日納会を迎えた3月限は2.3%下落した。下落率は昨年11月20日 以降で最大。商品ファンドがポジションを売却しているとの観測が嫌気 された。API発表の先週の原油在庫は296万バレル増え3億7200万バ レルとなり、12月以来の高水準に達した。米エネルギー省が21日に発表 する先週の原油在庫はブルームバーグ・ニュースのアナリスト調査によ ると200万バレルの増加が予想されている。西側外交官によると、イラ ンの核開発計画をめぐる協議でイランに新しい提案が示される見込み。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は一 時、66セント安の1バレル当たり94.56ドルを付けた。シドニー時間午 前11時32分(日本時間同9時32分)現在、94.78ドルで推移している。 前日の通常取引で、3月限は94.46ドルで引けた。終値としては1月16 日以来の安値。全限月の出来高は100日平均の2倍以上だった。

原題:WTI Oil Drops a Second Day After Biggest Slide in Three Months(抜粋)