米ディッシュ:10~12月利益は予想以下-顧客獲得コスト上昇

米衛星テレビ会社2位のディッシ ュ・ネットワークの2012年10-12月(第4四半期)決算は、利益が市場 予想を下回った。顧客獲得コストが上昇したことが響いた。

同社が20日発表した資料によると、純利益は2億900万ドル(約200 億円)と、前年同期の3億1300万ドルから減少。ブルームバーグが集計 したアナリストの予想平均では2億4040万ドルが見込まれていた。売上 高は1.1%減の35億9000万ドルで、市場予想平均の35億6000万ドルを上 回った。

ディッシュは自社のテレビ機器とモバイルサービスの融合を可能に する無線通信への参入を検討。米クリアワイヤに対して発行済み株式を 1株当たり3.30ドルで取得することを提案し、同社の判断を待ってい る。クリアワイヤは既にスプリント・ネクステルによる買収を受け入れ ているが、ディッシュはクリアワイヤに対抗買収案を提示した。

ディッシュのチャーリー・アーゲン会長は20日の電話会議で、同社 がクリアワイヤとの取引を成立させることができれば、サービス提供に 向けてスプリント・ネクステルと提携する意向を示した。クリアワイヤ との取引が不成立の場合でも、無線通信ビジネス参入に向けてその他の 選択肢を持ち合わせていると語った。

ディッシュの10-12月期の有料テレビ契約者数は約1万4000人の純 増だったが、アナリスト予想平均の4万8000人増を下回った。昨年の4 -6月(第2四半期)と7-9月(第3四半期)は契約者数が減少して いた。

原題:Dish Profit Misses Estimates on Costs of Gaining Customers (2)(抜粋)