住商出資の英エーカル、21億円調達へ-燃料電池の需要増で

住友商事が出資する燃料電池開発会 社、英エーカル・エナジーは、産業界のクリーン電力に対する需要に対 応するため、1-6月(上期)末までに1500万ポンド(約21億4200万 円)を調達する予定だ。

エーカルのマネジングディレクター、ブレンダン・ビルトン氏はロ ンドンでのインタビューで、新規および既存の株主から資金を調達する ため、投資銀行のイノベーター・キャピタルと協力していると述べた。

ビルトン氏はアジアや欧州、北米のベンチャーキャピタル会社など が高い関心を示していると指摘。調達した資金は「技術チームや研究開 発(R&D)、知的財産保護、設備投資の拡大に使われる」と述べた。

原題:Sumitomo-Backed Acal Raises Funds to Expand Fuel-Cell Technology(抜粋)