マンUの次期CEOは元JPモルガンのバンカー

サッカーのイングランド・プレミア リーグの強豪チーム、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)で は、10年間在任したデービッド・ギル最高経営責任者(CEO)が今シ ーズン終了後に退任し、米銀JPモルガン・チェースでの勤務経験を持 つエド・ウッドワード副会長が後任に就く。

マンUの20日の発表によると、1997年に財務担当役員として加わっ たギル氏(55)は取締役会にとどまる。ウッドワード副会長(40)が後 任CEOとして、選手の移籍に関するアレックス・ファーガソン監督と の共同作業を含めた業務を担う。

ギル氏の下でマンUは4回のプレミアリーグ優勝、1回の欧州チャ ンピオンズリーグ(CL)優勝を果たし、スポンサー契約からの収入を 増やした。

ウッドワード氏は1999-2005年までJPモルガンの合併・買収チー ムに所属し、05年のグレーザー一族によるマンUのレバレッジド・バイ アウト(LBO)で資金調達に貢献した。

原題:Manchester United CEO to Cede Power to Ex-JPMorgan Banker (抜粋)

--取材協力:Tariq Panja.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE