米アップル株が下落、フォックスコンが中国での人員採用凍結

20日の米株式市場でアップルの株価 が下落。スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォ ーン)」などのアップル製品を受託生産するフォックスコンが中国での 人員採用を凍結したことがきっかけ。

アップルの株価はニューヨーク市場で前日比2.4%安の448.85ドル で終了。同社株は昨年9月に過去最高値を付けて以降、36%下落した。 S&P500種株価指数は同期間に3.5%値上がりしている。

フォックスコンは3月末まで新規雇用を停止した。今年は春節(旧 正月)の休暇から復帰した従業員が昨年よりも多かったためという。同 社広報担当のブルース・リュー氏が電話インタビューで明らかにした。 同氏によれば、今回の決定は「アイフォーン5」の生産には関連してい ない。これより先、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)はフォック スコンの採用凍結をアイフォーン5の受注減速に関連づけて報じてい た。アップルの広報担当スティーブ・ダウリング氏(米カリフォルニア 州クパティーノ在勤)はコメントを控えた。

アイフォーンはアップルの製品の中で収益性が最高で、売上高の半 分を超える。ただ、世界のスマートフォン市場が飽和状態になりつつあ り、サムスン電子などのライバル企業はグーグルの基本ソフト(OS) 「アンドロイド」を搭載した低価格端末を導入しているためアイフォー ンの伸びは鈍化している。

大幅な減速

エクサンBNPパリバのアナリスト、アレクサンダー・ピーターク 氏は、今四半期のアイフォーン5の販売が3800万台と、前期比で2割減 少すると予想し、「大幅な減速だ」と指摘した。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、アミット・ダーヤナ ニ氏によれば、フォックスコンはアイフォーンやタブレット端末「iP ad(アイパッド)」を含めアップル製品の大部分を生産している。同 氏は20日付のリポートで、「採用凍結がマイナス要因として解釈され得 る理由は理解できる」とし、春節後という「凍結のタイミングを考慮す れば、フォックスコンや他の供給業者の見通しよりも、従業員の復帰率 の上昇に関係する部分が大きいのかもしれない」と分析した。

UBSのアナリスト、スティーブ・ミルノビッチ氏は、フォックス コンの新規採用凍結はヒューレット・パッカード(HP)からのパソコ ン受注の縮小が理由である可能性もあると指摘。同氏の20日付のリポー トによると、HPはフォックスコンの売上高の最大10%を占めるとい う。

原題:Apple Falls After Supplier Foxconn Halts Hiring in China (2)(抜粋)

--取材協力:Edmond Lococo、Lisa Rapaport、Karl Baker、Beth Mellor、Amy Thomson.