アジア株:3日続伸、韓国株や日本の電力株高い-BHPは下落

20日のアジア株式相場は3日続伸。 前日に1年半ぶり高値となったMSCIアジア太平洋指数は、世界経済 が回復しつつある兆候を受けてさらに上値を伸ばしている。

韓国銀行(中央銀行)の金仲秀総裁が、世界経済の見通しは改善し つつあると発言したことが安心感となり、韓国総合株価指数が指数上昇 をけん引した。東京電力など日本の電力株も買われた。

世界最大の鉱山会社、英・オーストラリア系BHPビリトン は0.9%の下げ。2012年7-12月(上期)決算が58%減益となった。石 油・ガス生産で豪2位ウッドサイド・ペトロリアムは3.1%高。通期利 益がほぼ倍増した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時21分現在、前日比 1%高の135.44。19日には11年8月以来の高値で引けた。3日続伸は1 月4日までの営業日以降で最長。

原題:Asian Stocks Extend 18-Month High on Global Outlook; BHP Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE