クレディ・アグリコル:12年10~12月は赤字-年間は過去最悪

時価総額でフランス3位の銀行クレ ディ・アグリコルの2012年10-12月(第4四半期)決算は赤字額が膨ら んだ。イタリア部門と投資銀行業でののれん代償却が響いた。

同行が20日発表した決算資料によれば、純損失は前年同期から30% 拡大し39億8000万ユーロ(約5000億円)。ブルームバーグがアナリスト 5人を対象にまとめた調査の予想中央値では36億9000万ユーロの赤字と 見込まれていた。

規制強化と景気悪化を受けクレディ・アグリコルは10-12月期にの れん代26億7000万ユーロを償却した。ギリシャ部門のエンポリキ銀行の 売却では7億600万ユーロの追加損失も計上。イタリアの個人向け銀行 部門での人員整理と投資銀行業の経費削減も計画している。

クレディ・アグリコルのジャンポール・シフレ最高経営責任者 (CEO、63)は記者団との電話会議で、「グループ改革を深化させ た。13年は増資なしで財務体質を強化する」と語った。

同行の12年は、年間の赤字額が64億7000万ユーロと過去最悪となっ た。配当は2年連続で見送る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE