「切り札」はSECウェブサイト-空売りブロック氏の調査手法

米調査会社マディ・ウォーターズが リポートで会計の問題を指摘したことをきっかけに海外上場の中国株が 大きく売られたが、同社には調査に利用する「切り札」が存在する。米 証券取引委員会(SEC)のウェブサイトだ。

マディ・ウォーターズを率いる空売りの投資家カーソン・ブロック 氏(36)は、SECの企業財務専門家が経営幹部らに送付し、一定期間 後にウェブサイトで公表される書簡の熱心な読者だ。SECへの届け出 でディスクロージャー(情報公開)が適正に行われているかどうかの情 報がここから得られる。

ブロック氏は「SECの企業財務専門家は、届け出の問題を見抜く 良い仕事をしている。専門家の所見からさまざまな問題をめぐる洞察が 得られる」と話す。

このような情報に基づき、マディ・ウォーターズは中国の廃棄物処 理会社リノ・インターナショナルに関するリポートを2010年に公表。リ ノの株価は13ドルからほぼゼロとなり、時価総額約3億7000万ドル (約346億円)が吹き飛んだ。

これはまぐれではない。ブロック氏は中国株の空売りで名を上げ た。同氏が10年6月以降に空売り対象とした5銘柄のうち4銘柄までが 売買停止に追い込まれた。

ニューヨーク出身で弁護士でもあるブロック氏は10年に上海でマデ ィ・ウォーターズを創業。同社はその後、ロサンゼルスに移転した。ア ナリストが中国当局から嫌がらせを受けたとブロック氏は説明してい る。

証券市場への信頼を高めるために大恐慌のさなかの1934年に設立さ れたSECは、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)最大手 の米フェイスブックから大手銀行に至るまで、新たな申告や注目を集め る業界を中心に年間4000社の検証を行っている。SECの書簡と会社側 の回答は、書簡の送付後1カ月を経過するまではウェブサイトに掲載さ れない。

原題:Muddy Waters Secret China Weapon Found on SEC Public Website(抜粋)

--取材協力:Nikolaj Gammeltoft、Belinda Cao、Ye Xie、Fox Hu.