ブラジル中銀総裁:必要なら金融政策を転換する用意

ブラジル中央銀行のトンビニ総裁 は、消費者物価の抑制のため利上げを辞さない姿勢を市場にあらためて 示すため、必要に応じて金融政策を調整する可能性を明らかにした。

トンビニ総裁はブラジリアでのイベントで、「インフレが見込まれ る状況で必要な場合には、中銀は金融政策に関する姿勢を適切に調整す る」と述べた。

1月のインフレ率が予想以上に上昇したことを受け、金融当局は消 費者物価上昇率に対する懸念を表明している。RBCキャピタル・マー ケッツの為替戦略・新興市場調査担当のグローバル責任者、ニック・チ ェイミー氏は、トンビニ総裁の発言はブラジル中銀が金融政策を引き締 める用意ができていることを示していると指摘する。

同氏は電話インタビューで「ブラジル中銀は利上げの可能性がない との印象を市場に与えたくない」と説明。「インフレ期待を抑えつつ、 インフレを目標近辺に維持することへの安心感と信頼性を高めたいの だ」と述べた。

原題:Tombini Says Brazil Ready to Shift Monetary Policy If Needed (2)(抜粋)

--取材協力:Josue Leonel.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE