オランド仏大統領、対ギリシャ投資を呼び掛け-初のアテネ訪問

約3年前に始まった欧州の債務危機 以降でフランスの大統領として初めてアテネを訪問したオランド大統領 は、ギリシャの経済成長に向け、フランスからのギリシャへ投資促進を 働き掛けていく意向を示した。

昨年5月の大統領選で財政緊縮より成長を重視する公約を掲げて当 選した社会党のオランド大統領は19日、同国のサマラス首相との首脳会 談で、ギリシャがユーロ圏にとどまるよう責任を果たしていく立場をあ らためて表明するとともに、ギリシャに経済改革を進めるよう強く求め た。

ドイツのメルケル首相が昨年10月にアテネを訪問した際には欧州救 済の条件となる緊縮策に反対する市民らによる抗議行動が繰り広げられ たが、オランド大統領の訪問では抗議行動は起きなかった。欧州の2大 経済大国であるドイツとフランスは、2010年4月以降2回のギリシャ救 済策で最大の資金を提供している。

オランド大統領は「私はギリシャへの投資結集を望んでいる。それ はギリシャにとっても、フランスにとっても利益となる」と述べた。

原題:Hollande Urges French Investment in Greece While in Athens (1)(抜粋)

--取材協力:Marcus Bensasson、Gregory Viscusi.