中国への1月の直接投資、8カ月連続減-金融危機以降で最長

1月の海外から中国への直接投資は 8カ月連続で減少した。海外企業の間で中国の景気回復への信頼感が戻 っていないことを示唆している。

中国商務省が20日発表した1月の中国への直接投資額は前年同月 比7.3%減の92億7000万ドル(約8700億円)。一方、中国から海外への 直接投資(金融除く)は同12.3%増の49億1000万ドルとなった。中国の 1、2月の経済指標は春節(旧正月)連休時期のずれにより、ゆがみが 生じ得る。昨年の春節入りは1月、今年は2月だった。

HSBCホールディングスは先月のリポートで、中国の人件費と土 地代の上昇が投資先としての魅力を低下させており、労働集約型のメー カーは他のアジア諸国に移転していると指摘した。海外から中国への直 接投資は2012年通年では3.7%減少した。中国経済は昨年、1999年以来 の低成長となった。

クレディ・アグリコルCIBのシニアエコノミスト、ダリウス・コ ワルツィク氏(香港在勤)は統計発表前、「中国の成長鈍化で海外企業 が慎重姿勢を強めた可能性がある」と指摘。その上で、中国と世界の景 気見通しが改善しつつあることから、今年の対中直接投資は回復する可 能性が高い」と述べていた。

同氏はまた、1月の減少は、見通し改善と企業の投資決断との時間 のずれを映しているとの見方を示した。8カ月連続の減少は世界金融危 機以降で最長。過去15カ月では14回目のマイナスとなった。

原題:China’s Foreign Direct Investment Declines for Eighth Month (1)(抜粋)

--取材協力:Nicholas Wadhams.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE