米BOA:新興市場債券を推奨-BRICs経済改善の見通し

バンク・オブ・アメリカ(BOA) メリルリンチは、ブラジルとロシア、インド、中国のいわゆるBRIC s諸国の経済が今年は改善すると見込み、新興市場の債券と株式を推奨 した。

欧州新興地域・中東・アフリカの債券戦略責任者を務めるデービッ ド・ハウナー氏は19日にアブダビで記者団に対し、BRICs諸国に勢 いが戻りつつあると指摘。「昨年はBRICsの時代は終わったとの声 が多く聞かれ、4カ国とも期待外れの成長だった。しかし、今年に入っ て回復が見られる」と述べた。

今年の新興市場の成長率は5.2%と、昨年の4.9%(推定)を上回る と見込まれている。ハウナー氏は、中国の新体制への移行やインド通貨 ルピーの下落、ブラジル通貨レアルの上昇をめぐる懸念の後退に伴い、 BRICs諸国は最高の成長を達成すると予想している。同氏は、高い 成長と米ドルとのリンクを理由に、債券投資で今年最も有望な市場とし てアジアを挙げた。

国際通貨基金(IMF)によれば、2001年から10年のBRICs諸 国の年間成長率は平均6.6%と、世界経済の約2倍に上った。IMFが 昨年10月に示した12年の推定によると、ドル建て換算による経済規模は 中国が世界2位、ブラジルは7位、ロシアとインドが9、10位と続い た。

原題:BofA Says BRICs are Back as It Recommends Emerging Market Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE