NY原油時間外:小動き-シーウェイパイプラインの油送増へ

ニューヨーク原油先物相場は20日の 時間外取引で小動き。前日の通常取引は1週間ぶりの大幅上昇だった。 エンタープライズ・プロダクツ・パートナーズがシーウェイパイプライ ンの油送が増える見通しを示したことで、米中西部の余剰在庫が減少す るとの見方が出た。

前日の通常取引は0.8%上昇。上昇率は11日以降で最大。エンター プライズの上席副社長、ウィリアム・オーデマン氏は15日、米連邦エネ ルギー規制委員会で、シーウェイの油送量が2-5月に日量平均29 万5000バレルに増加すると証言した。1月は18万バレル。米政府が21日 に発表する先週の原油在庫は、ブルームバーグ・ニュースの調査だと5 週連続の増加が予想されている。

20日に納会を迎えるニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油 先物3月限はシドニー時間午前10時39分(日本時間同8時39分)現在、 3セント高の1バレル当たり96.69ドル。前日の通常取引は80セント高 の96.66ドル。4月限は3セント高の97.13ドルで推移している。全限月 の出来高は100日平均を58%下回った。

原題:WTI Oil Fluctuates After Rising Most in Week; Seaway Flow Climbs(抜粋)