米ガソリン小売価格、2月としては過去最高-原油上昇で

米ガソリン小売価格は2月としては 過去最高になっているが、さらに上昇しそうだ。世界の原油先物相場が 上昇していることや製油所の故障や補修点検で燃料供給が減少している ことが背景。

ガソリン先物は今年、11%上昇し、S&P・GSCI指数採用の商 品の中で最高のパフォーマンスを示している。全米自動車協会 (AAA)によると、小売価格は今年に入って14%上昇し、33日間連続 で上がっている。北海ブレント原油は8日に9カ月ぶりの高値まで上昇 した。

米エネルギー情報局のデータによると、故障や定期点検で製油所の 処理量は昨年12月中旬以降で8.3%低下し、ガソリン生産が減った。レ ギュラーガソリンは今年に入って45.6セント上昇し、上げ幅は2005年以 降のAAAのデータで最大となっている。AAAの広報担当者、アベリ ー・アッシュ氏は、価格がピークを打つのは昨年より早いとみている。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は「価格を押し上げているのは十分な供給が得ら れなくなるという不安感だ。その不安が全国に広がっている」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のガソリン先物3月限は15 日に1.79セント高の1ガロン当たり3.3145ドルで引けた。終値としては 昨年9月28日以来の高値。19日は3.1212ドルに下落した。ICEフュー チャーズ・ヨーロッパのブレント原油は今年、6.41ドル上昇し1バレル 当たり117.52ドル。

AAAが19日にウェブサイトで公表した全米平均のガソリン小売価 格は1.8セント高の1ガロン当たり3.748ドル。前年同期に比べると19.2 セント高。過去最高値4.114ドルを付けた08年には2月18日のレギュラ ーガソリン価格は3.032ドルだった。

原題:Gasoline Pump Prices Soaring on Refinery Repairs, Oil Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE