米BOA:モイニハンCEOの12年報酬、71%増の1200万ドル

資産規模で米銀2位のバンク・オ ブ・アメリカ(BOA)は、ブライアン・モイニハン最高経営責任者 (CEO)の2012年の報酬を70%余り引き上げて約1200万ドル(約11 億2500万円)支払った。今年の同CEOの基本給増額でも同行は合意し た。

19日の米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、モイニハ ンCEO(53)が昨年受け取った株式ボーナスは1110万ドルと、前年の ほぼ倍となった。説明を受けた関係者によると、今年の同CEOの基本 給は150万ドルで、過去3年の95万ドルから引き上げられた。報酬パッ ケージの総額はまだ公表されていないとして、同関係者が匿名を条件に 語った。

ニューヨーク株式市場でBOAの株価は昨年109%上昇。資本の水 準が改善し、住宅ローンをめぐる問題で和解が成立する中、年間ベース での株価上昇はモイニハン氏のCEO在任3年間で初めて。同CEOは 資本増強のため600億ドル余りの資産を売却し、15年までに年間80億ド ルの経費節減を目標に掲げた。

原題:BofA Increases Moynihan’s Pay 71% to $12 Million in 2012 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE