米生産者物価指数:1月は0.2%上昇、食品高が影響

更新日時

今年1月の米生産者物価は4カ月ぶ りに前月比で上昇した。食品や医薬品が値上がりした。

米労働省が発表した1月の生産者物価指数(PPI)全完成品は前 月比0.2%上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想の中央値は0.3%上昇だった。前月は0.3%の低下だった。食品と エネルギーを除いたコア指数は前月比0.2%上昇した。

項目別では食品価格が前月比で0.7%上昇。前月は0.8%の低下だっ た。労働省によると、1月のPPIが上昇した要因の75%以上は食品の 値上がりだった。

エネルギー価格は0.4%低下。4カ月連続で前月比マイナスとなっ ている。乗用車は0.8%低下した。下落率は2010年3月以来で最大。

資本財コストは0.1%上昇。昨年12月は前月比横ばいだった。処方 箋薬は2.5%上昇。1年ぶりの大幅な上昇だった。

PPIは前年比で1.4%上昇。前月は1.3%上昇だった。コア指数は 前年比で1.8%上昇と、2011年2月以来で最小だった。

い。

原題:Wholesale Prices in U.S. Rise 0.2% on Higher Food Costs (2)(抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE