米国株:上昇、ダウとS&Pは5年ぶり高値-M&A期待で

米株式相場は上昇。主要株価指数は 5年ぶり高値を記録した。企業の合併・買収(M&A)に対する楽観的 な見方に加え、ドイツ景況感指数の改善が買いを誘った。

事務用品小売りチェーンのオフィス・デポと同業のオフィスマック スがともに急伸。両社は合併の可能性について協議しており、週内に合 意の可能性があると事情に詳しい関係者が明らかにした。バンク・オ ブ・アメリカ(BOA)やシティグループなど金融株も高い。グーグル は初めて800ドルを上回った。

S&P500種株価指数は前日比0.7%高の1530.94。ダウ工業株30種 平均は53.91ドル(0.4%)上げて14035.67ドル。米証券取引所全体の出 来高は約65億株と、3カ月平均を6.5%上回った。18日はプレジデンツ デーの祝日で休場だった。

ビーコンクレスト・キャピタル・マネジメント(ボストン)の最高 投資責任者(CIO)、ケビン・ディブニー氏は電話インタビューで、 「M&Aが増え、明るい心理形成につながっている」と指摘。「それは プラス材料だ。過去4年間は経営者が先を見ないことが問題となってい た。視界が広がると、戦略的な決定がうまくいく」と語った。

S&P500種は2007年に付けた過去最高値の1565.15を2.2%、ダウ 平均は最高値の14164.53を0.9%下回る水準にある。

M&A

ブルームバーグがまとめたデータによると、米国では14日に400億 ドル近いM&Aが発表され、今月の総額は1400億ドルを超えている。こ れは2012年1-2月の総額である996億ドルを既に上回っている。

S&P500種は年初から7.3%上昇。米議会が債務問題で合意したこ とに加え、企業決算がアナリスト予想を上回っていることが背景にあ る。ブルームバーグのデータによれば、同指数構成銘柄で決算を発表し た402社のうち71%で利益が予想を上回り、66%で売上高が予想を上回 った。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた2月の独景況 感指数は予想を大きく上回る改善となり、ほぼ3年ぶりの高水準に達し た。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は1.2%低下の12.31と、2007年4月以来の水準に低下した。 S&P500種のボラティリティを示すVIXは、S&P500種が2009年 と2011年末に上昇局面に入る前に低下していた。

9業種が上昇

S&P500種では10セクターのうち9業種が上昇。特に生活必需品 とエネルギー株の上げが目立った。KBW銀行指数は0.6%上昇。 BOAは1.3%値上がりした。シティは1.5%高の44.50ドルと、2011年 5月以来の高値。JPモルガン・チェースは約4年ぶりの高値に達し た。

オフィス・デポは9.4%高、オフィスマックスは21%上昇。関係者 によると、両社は株式交換による合併を協議した。実現すれば、米最大 手ステープルズを追撃する態勢が整う。オフィス・デポは物言う株主で あるスターボード・バリューが筆頭株主になった昨年9月以来、業績改 善に向けさまざまな選択肢を探っていた。ステープルズは13%高と、 S&P500種の構成銘柄で上昇率トップ。

グーグルは1.8%高の806.85ドルと、2004年8月の上場来高値を更 新した。携帯端末を通じたインターネット利用の増加を背景に、同社ウ ェブサイトへの広告需要が増えている。

ベスト・バイは2.7%高。バークレイズのアナリスト、アラン・リ フキン氏は同社の投資判断を「イコールウエート」から、「買い」に相 当する「オーバーウエート」に引き上げた。

一方、S&P住宅建設株指数は1.2%安。構成する11銘柄のうち9 銘柄が下げた。全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファ ーゴが発表した2月の米住宅市場指数は46と、前月の47から低下した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は48へ の上昇だった。同指数で50を下回ると住宅建設業者の多くが現況を「悪 い」とみていることを示す。

原題:U.S. Stock Indexes Rise to Five-Year Highs Amid Merger Optimism(抜粋)

--取材協力:Whitney Kisling、Corinne Gretler.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE