欧州株:上昇、ドイツ景況感が予想以上に改善-ダノンが高い

19日の欧州株式相場は上昇し、3週 間ぶりの高値を付けた。ドイツの景況感が事前予想以上に改善したこと を好感した。フランスのヨーグルトメーカー、ダノンは決算要因で上昇 した。

ダノンは2010年5月以降で最大の上げとなった。同社は人員削減計 画も発表した。石炭火力発電所を保有する英ドラックス・グループは4 年ぶり高値を付けた。同社利益は予想を上回った。新たな治験を始めた 独医薬品会社バイエルは3.6%上昇した。一方、英携帯電話サービスの ボーダフォン・グループは4週間ぶりの安値。サンフォード・C・バー ンスティーンが投資判断を引き下げた。

ストックス欧州600指数は前日比1.1%高の290.01で終了。前日まで の3営業日では0.5%下げていた。年初来の上昇率は3.7%となった。

ストアブランド・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、 エスペン・ファーネス氏(オスロ在勤)はダノンの決算について、「お おむね明るい内容だった」と発言。「欧州経済は今年全般を通じて勢い を増すと見ている。これに他の地域のまずまずの成長が加わることで、 欧州株には長期的に上昇の余地がまだあるということになる」と続け た。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)が発表した2月の期待指 数は48.2と、前月の31.5から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト38人の予想中央値(35.0)も大きく上回り、2010年4月 以来の高水準となった。

この日の西欧市場ではアイスランドを除く17カ国で主要株価が上昇 した。英FTSE100指数は1%上げ、5年ぶり高水準に達した。

原題:European Stocks Rise as German Sentiment Improves; Danone Jumps(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa.