トルコ中銀:上限・下限金利を引き下げ-預金準備率引き上げ

更新日時

トルコ中央銀行は19日、翌日物金利 を引き下げる一方、預金準備率は引き上げた。通貨リラの上昇と与信の 伸びをそれぞれ抑えるための措置。これを受けてリラは大きく下げ、国 債利回りも低下した。

同中銀は上限政策金利である翌日物貸出金利を8.5%、下限金利の 翌日物借入金利を4.5%とし、それぞれ0.25ポイント引き下げた。1週 間物レポ金利は5.5%に据え置いた。

外貨建て預金に対する準備率は11.5%とし、従来の11.1%から引き 上げた。これにより9億4000万ドル(約880億円)の資金が市場から引 き揚げられる。

ソシエテ・ジェネラルのグローバル新興市場戦略責任者、ブノワ・ アンヌ氏(ロンドン在勤)は電子メールで配布したリポートで、「中銀 による新たな政策ミックスのようだ。リラがあまり強くならないよう金 利面で引き続きハト派的な姿勢を選好しつつ、信用動向も注意深く見守 っている」と分析した。

イスタンブール時間午後2時53分現在、リラはドルに対し前日 比0.7%安の1ドル=1.7791リラでの取引。これは日中取引としては1 月9日以来の低水準。トルコ国債の2年物指標銘柄の利回りは10ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下し5.66%と、過去最低まで1 bpに迫った。

原題:Turkey Central Bank Cuts Rates; Lira Weakens to 5-Week Low (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE