アジア・太平洋株式サマリー:上海指数5週ぶり大幅安、香港株下落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。中国当局が不動産価格の抑制措置を強化する 可能性があるとの懸念で不動産株が売られた。カジノ銘柄も軟調だっ た。

中国政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK) は4.4%下げた。来月の全国人民代表大会(全人代)の前後に中国政府 が不動産抑制策を導入する公算が大きいとの一部報道が響いた。同業の 中国海外発展(688 HK)は3.3%安。

カジノ運営のサンズ・チャイナ(1928 HK)は4.4%安。今月これま でのマカオのカジノ業界の収入は予想を下回っているとのリポートが材 料視された。銀河娯楽(27 HK)も4.9%の下げ。

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙を発行するSCMP集団 (583 HK)は反落し、7.4%安。大株主が出資を増やすとの観測で、18 日には15年ぶり大幅高を記録した。

ハンセン指数は前日比238.03ポイント(1%)安の23143.91。ハン セン中国企業株(H株)指数は同1.8%安の11525.70と、今年の最安値 となった。

ホワイト・ファンズ・マネジメントのマネジングディレクター、ア ンガス・グラスキー氏(シドニー在勤)は、「中国政府は大都市の不動 産価格の伸びを制限することを望んでいる」と指摘。「向こう数週間は 相場変動がやや大きくなる公算が大きい」と話した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が約5週間ぶりの大幅な値下が りとなった。同指数のバリュエーション(株価評価)が1年5カ月ぶり の高水準となったほか、政府が3月に不動産価格の抑制措置を導入する 可能性があるとの懸念が広がった。

不動産開発の万科企業(000002 CH)は4.3%安。保利房地産集団 (600048 CH)は5.1%安。全国人民代表大会(全人代)前後に政府が新 たな不動産規制策を講じる公算が大きいと第一財経日報が伝えた。

セメントメーカーの安徽海螺水泥(600585 CH)は7.6%安と、2011 年9月以来の大幅な下げ。今年のセメント生産の伸びが5%未満にとど まるとの政府推計が材料視された。同業の華新水泥(600801 CH) も7.2%安。景気敏感銘柄も売られた。自動車メーカーの上海汽車集団 (SAICモーター、600104 CH)は4.5%安。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比38.64ポイント(1.6%)安の2382.91。下落 率は1月11日以来の大きさを記録した。上海、深圳両証取のA株に連動 するCSI300指数は前日比1.9%安の2685.61。

民生証券の張磊アナリストは電話取材に対し、「住宅価格が下落し ていないため、不動産規制が強化されるとの観測がある」と指摘した。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のセンセックス30種指数は2週間ぶ り高値を付けた。ソフトウエアメーカーやエネルギー銘柄が買われた。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比134.64 ポイント(0.7%)高の19635.72で引けた。この日の売買高は30日平均 を36%下回った。

ソフトウエア輸出でインド2位のインフォシスは10カ月ぶり高値。 インド石油ガス公社(ONGC)は一時、1カ月ぶり大幅高となった。 世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズは0.1% 上げた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比18.48ポイント(0.4%)高の5081.90。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比3.92ポイント(0.2%)高の1985.83。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比17.35ポイント(0.2%)高の7960.88。