ブリヂスト株が急騰、今期営業利益過去最高見通し-東京市場

ブリヂストン株が大幅続伸し、一時 1年11カ月ぶりの上昇率を記録した。円高修正の影響や販売数量の増加 で今期(2013年12月期)の連結営業利益見通しが過去最高となると発表 したことが好感された。経常、純利益も過去最高を見込んでいる。

株価は一時、前日比289円(11%)高の2844円まで買われた。日中 上昇率は11年3月16日以来の大きさ。終値は265円(10%)高の2820円 で、日経平均構成銘柄での上昇率は首位。

野村証券金融経済研究所の山岡久紘アナリストは、上昇要因につい て「会社計画が力強いことが好感された。業績計画が大幅な増益という 形で出てきたことが大きい」と述べた。

同社は18日、今期連結営業利益見通しが前期比34%増の3820億円と 2期連続での過去最高を見込むと発表。増益額961億円の8割近くを円 高修正の影響が占める。為替レートは、13年通期で1ドル=89円、1ユ ーロ=119円を想定する。

クレディ・スイス証券の秋田昌洋アナリストは18日付リポートで、 市場目線を大幅に上回る会社計画は世界観が変わるポジティブ・サプラ イズ、と評価。今期営業益予想を3250億円から3950億円に、来期を3400 億円から4200億円を引き上げるとともに、目標株価を2400円から3200円 に変更した。